【元ガングロアムラーが語る】安室ちゃんからは子育て法まで教わった!

とうとう安室ちゃんの引退の日です。

当然、朝から安室ちゃんの曲をかけている私です。同じように朝から〝安室ちゃんデー〟になっている人も多いのではないでしょうか。

朝から若干、昔のように眉毛細く描いてみるも撃沈・・20年以上たっても似合わないものは似合わなかったです。まぁ、それも私^^。

沖縄は安室ちゃん一色になっているようですね。

今回は、安室ちゃんから教えてもらったことが多すぎたというお話です。あなたもたくさん影響されたのではないでしょうか。

 

ファイナルツアーで言った言葉を無駄にしない

 

ファイナルツアーの最後に安室ちゃんが「これからもいい音楽に出会って下さい」と言っていました。私達、元ギャルアムラーはこの言葉を無駄にするわけにはいきません。これからもたくさん音楽に触れ、次は子供達に音楽のよさを伝えていく番です。

いろんな音楽を子供と聴いて、それがきっかけになり、これからも安室ちゃんのようなカリスマがどんどん出てきたらいいですね。

子供から見ても安室ちゃんはとても憧れの存在です。コンサートを観て「カワイイ!」を連発します。衣装を見て〝こんな衣装を着てみたい!〟と言います。とうとうウチの子は、鼻歌が〝太陽のSEASON〟になりました^^やはり、世代を越えてカリスマなのですね。

私の知り合いの小1の子供は〝安室ちゃんの髪型にして欲しい!〟と言うそうです。

 

安室ちゃんはほとんど学校へ行ってなかった

 

中学生の安室ちゃんはあまり学校へ行っていなかったそうです。なぜなら、歌とダンスに没頭していたから。しかし、ダンススクールには毎日通っていたそうです!毎日、まわりに止められるくらい歌とダンスの練習をしていたみたいです。

しかも、家庭が裕福ではなかったためバス代がなく、毎日1時間半歩いてスクールまで通っていたそうです。

この話で、安室ちゃん自身が証明してくれたことがあります。それは、一番興味のあること、好きなことを一生懸命やり続けた結果、みんなの心を掴むカリスマ歌姫になったということです。

ですから、やりたいことがある子供に対して無理やり学校へ行かせたり、やりたくもない習い事をさせることが果たしていいことなのかと疑問に思うんです。

 

安室ちゃんから学ぶ子育て法

 

例えば、学校後の遊ぶ時間を削って、やりたくもない習い事をやらせまくってあれができないと恥ずかしいから。みんな出来るのに自分の子供だけできないのは恥ずかしい〟などの理由だけで子供の時間を奪ってしまうのはいかがなものでしょうか。

もし本当に子供が没頭することがあるのであれば、その気持ちを優先させてあげてもいいのではないでしょうか。

安室ちゃんだって、本当にやりたいダンスや歌をやらせずに、無理やり学校へ行かせていたらあのカリスマ歌姫は生まれなかったはずです。ですから、私は子供の可能性を奪うのではなく、やりたいことを応援してあげられる親でいたいです。

関連記事:元ギャルの子供が小学校のクラスで1人だけテストで100点取った方法

関連記事:子供を東大の偏差値にするのとサッカー選手にするのとカレーを作ることは同じ

そして「お金がないからできない」は理由にはならないことも安室ちゃんは証明してくれました。それから、安室ちゃんは「子供がいるからできない」と言い訳にしないということも証明してくれました。

安室ちゃんはファッションや歌だけでなく、いろんなことを教えてくれた人です!

 

とにかくお疲れ様でした!ほんといつまでもかわいすぎ!!まだDVDを買っていない人は是非買って観て下さい!!

関連記事:【元ギャルが語る】安室ちゃんのココを真似したよね!

関連記事:元ギャル30代ママ ファッション問題 おすすめブランド紹介

関連記事:【ガン黒ギャル】見た目で判断された話

関連記事:90年代に流行った!ガングロギャルアイテム あるある3選