子供がお墓買ってくれようとしたけどいらない!お墓に入れないで欲しい理由

あなたは、自分が死んだ時のことを考えてみたことはあるでしょうか。

きっと「死」というものを意識する時というのは、身近な誰かが亡くなったときではないでしょうか。

普段は、今生きているという意識もなければ、死という意識もそれほど考えては生活していないでしょう。

今回のお話は、「お墓っているの?」というお話です。

私達は当たり前のように、昔からお墓を建てて代々継いでいくものという様に教えられて来ました。

ですから、人間が亡くなったら火葬してお墓に骨を入れるという一連の流れを踏みます。

ですが、本当にお墓っているのでしょうか。

これを読み終わる頃には、お墓がいらなくなるかもしれません。

大きなお墓なんていらないよ

 

先日、ウチの子供が墓石屋さんの前を通りかかったときに言いました。

「ママが死んだら、パパと一緒に入れる大きなお墓を買ってあげるね!」と。

でも私の答えは「いらないよ」でした。

子供は、私が旦那様のことが大好きだと知っているからこそ、亡くなった後でも一緒にいたいだろうと思い、そんな発言をしたと思うのですが。

けれども、お墓は必要ないのです。

私の骨は海に流すなり、トイレに流すなりしてくれればいいのです。トイレは詰まるか。笑。

とにかく、早いところ循環させて欲しいのです。

火葬して燃やされた体は二酸化炭素として出て、植物が吸収してくれますが、骨をお墓の中に入れておくと、なかなか土に還っていきません。

自然の流れからすると、去った後の肉体は循環させればいいのです。

わざわざ残しておく必要はないのです。

というより、肉体はどうやら返さなくてはいけないみたいですし。

そのうえ、自分の子供にお墓を継いでもらうという煩わしさも押し付けたくないのです。

その分、自分の好きな時間に当ててもらったほうがよっぽどありがたいからです。

たまに、ふと思い出してくれることがあったとしたのなら、それだけで十分です。

 

お墓には眠っていません

では、お墓の中に骨があるから、そこに亡くなった人が眠っているのでしょうか。

数年前に流行った「千の風になって」の歌詞を覚えているでしょうか。

 

わたしのお墓の前で泣かないで下さい

そこに私はいません

眠ってなんかいません

 

そして、最後の方にはこうきます。

わたしのお墓の前で泣かないでください

そこに私はいません

死んでなんかいません

 

この歌詞、すごくインパクトありませんでしたか?

おそらく、この歌詞は本当なのだと思います。

死んだ後はお墓の中にいるものだと思っていたけれど、実は違うんですよっていうアピール的な歌詞なのではないかと。

骨はお墓の中にあるけれど、意識は風になって、大きな空を吹き渡っているんですよっていう意味だから、死んでなんかいませんよということなのではないかと思うのです。

ここに出てくる、大きな空というのが宇宙であったとしたのなら、心臓が止まった時点で、脳細胞の一種が宇宙へ散らばるという研究結果も納得できます。

となれば、なおさら、お墓の中にはいないのに、わざわざ高額の墓石を買い、子供に維持してもらい、手を合わせにきてもらわなくても良いのです。

空を見あげたらいいだけの話です。

関連記事→大好きで愛してる夫が死んでも私がパチパチ手をたたいて喜ぶ理由

死んだら終わりなのか

人が亡くなったら、喪服を着て、故人を偲んで泣くというお葬式が当然のように行われていますし、火葬してお墓に骨を入れてきました。

そして、お盆は死んだ人が帰ってくるからとお墓参りしなさいと言われてきました。

あれ?!死んだ人は、お墓に中にいるって言ってなかった?なのに、お盆は帰ってくるの?

じゃあ、普段はどこにいるの?

お墓の中にいるなら、帰ってくるっていう表現は使わないですよね。

そこにいるのですから。

ということは、やっぱり死んだらお墓の中にあるのは骨だけで、眠ってはいないってことになりませんか。

やはり、千の風になって説は本当なのかもしれませんね。

よく「死んだら終わり」という言葉も聞きますが、終わりではなさそうです。

であれば「本当に大切なものが何なのか」ということがかなり重要になってきます。

だから、イケメン仙人は死んだらもっていけないものは本当に大切なものではないと言っているのですね。

モノやお金が本当に大切なものではないと。

最後に

とにかく、私は骨をお墓に入れて欲しくないので、生前に意思をはっきりさせておこうと思います。

あなたは、どうしますか?

自分のお墓のことなんて、一度も考えたことなんてなかったかもしれません。

ですが、これを機に少し考えてみてはいかがでしょうか。

 

私が生と死について小さい頃から考えるようになったのは、早くに亡くなった父のおかげでもあります。ありがと。父ちゃん!

関連記事:死人に口なし?イヤ、あった!【亡くなった父からの伝言】

今日も読んでいただいてありがとうございました!ばいちゃ!

 

イケメン仙人Pick up

【イケ仙シリーズ16】あなたが神かわかる!神の子はKIDだけじゃない?

【イケ仙シリーズ11】努力に勝る天才なし?本当のことを教えてくれ!

幸せに生きたいあなたへオススメ

自分の悪口を聞いてしまったときの対処方法

子育ては完璧にしない方がいい!育児初めてでイライラしちゃう人へ

やたらと抽選やクジで当てる人の特徴がわかりました!