新規オープンのお店にも並ばず、テレビもつけないほうがいいワケ

新しく始まったドラマを観ていますか?

テレビで紹介された、新しくオープンするお店の開店初日に並びますか?

ちなみに私はどちらもしません。

それは本当の幸せには繋がらないからです。これを読めば、ドラマを観なくなり、もう新規オープンのお店に並ばなくなるでしょう。

 

よくある会話

こういう会話、学校や職場、友達の間でよくありませんか?

「昨日から始まったドラマ観た?」

「うん、観たよ!」

「私も観たよ!!」

「私、観てない・・・」

「えっ?観てないの?めちゃオモシロかったのに」

そして、観た人だけで話は盛り上がります。もちろん観ていない人は、話の輪には入れません。いわゆる、ぼっちになります。

もしあなたがドラマを観ていない一人だったら、どうしますか?

次の週は、そのドラマを観ますか?

きっと、観るのではないでしょうか。だって、そのドラマが終わるまで、毎週会話に入れないのですから。

それからもうひとつ。

「いよいよ、この地方にも初出店となる、〇〇のお店がオープンします!」

そんな情報をテレビで知り、並んだ経験はありますか?

もし、あなたが開店当日に行った場合、次の日にあなたは憧れのまなざしで見られることでしょう。

「オープンの日に行ったの?いいなあ!」

「私も行きたいな!」

「さすが!流行に敏感だね!」

「オープン初日の限定50名の品、買えたよ」

「見せて!見せて!スゴーイ!」

そして、あなたはちょっとした優越感に浸れることでしょう。

その後日。違う子が言いました。

「私もオープンしたばかりの、お店行ったよ!」

そして、行った人だけで話は盛り上がります。もちろん、お店に行っていないあなたは話の輪に入ることはできません。

もしそのお店に、あなたの周りの10人中9人が行っていて、あなただけ行っていないという状況だった場合、あなたはどうしますか?

そのお店に行きますか?

ちょっと行ってみようと思うのではないでしょうか。

 

本当の気持ちを気付かせないようにされている

そのドラマって、本当に心の底から観たいドラマなんですかね。

実は、暇つぶしに見ているだけとか、みんなの話の輪に入れなくなるから観ているとか、そんな理由なのではないでしょうか。

きっと、出演しているタレントさんが大好きだから絶対観るという人ばかりではないはずです。

〝なんとなく〟という理由の人は多いはずです。

オープン仕立てのお店も同じです。

ニューヨークや東京では大人気です!といろいろな情報番組で紹介されまくり、オシャレなお店だという印象を持ち、いよいよこの地方にも出店すると聞き、誰よりも先に行きたくなるのではないですか。

そんな自分は流行最先端で、オシャレだと言わんばかりに。

本当に心の底から行きたいのかどうかなど考えずに、なんとなく行っているのではないですか。

なぜ、こんなことを言うのかというと、気持ちがわかるからです。

以前は私もそうでした。

意味もなくテレビをつけ、流れるまま、いろいろな番組を観ていました。絶対みたいわけでもないのに。

ドラマもなんとなく観ていて、ニュースもなんとなく耳に入れていて、情報番組でやっていたお店を観て、それをオシャレでイケテるお店だと思い込んでいました。並んだことまでは無いにしても。

だから、テレビでやっていた情報は会話出来るし、その輪に入ることも出来ました。

でも、ただただ、それだけでした。

何が残るのかと考えた時に、何も残っていなかったのです。

ただ、「ドラマ楽しかったね。次はどうなるんだろうね」と話しただけで、その後の自分には何も残っていなかったのです。一時的に盛り上がっただけなのでした。

ガングロギャル時代にも、こんなことがありました。

渋谷の109にしかないショップに行き、名古屋に戻ってきた時に、たくさんの友達から羨ましがられたことがありました。その当時の私は「ちょっと都会のお店に行った自分がカッコイイ」と思っていました。

でも、それは今思えば、ただ友達より先に有名なショップに行っただけのことなのです。本当にそのショップの洋服がほしくて行ったのかと言えばそうではなかったのです。

たぶん流行の先端にいるという自分に酔っていて、ちょっとした優越感に浸っていただけなのでした。

だから、ブランド品に囲まれていたテレビの中のお金持ちを真似したときも同じで、あの時、全く幸せを感じることができなかったんだとわかったのです。

関連記事→エルメスのバッグを買ってベンツ乗ったら幸せか実際試してみた!

現代でいう、インスタを見て、嫉妬や憧れや、うらやましいと思う気持ちと同じです。

 

私は気付いてしまったのです。テレビや雑誌の情報だけで動いている自分というのは、本当の思いや考えや感覚が消されていることに。

他人の基準で決めたスゴイものに踊らされているだけだということに。

関連記事:【イケ仙シリーズ8】マジで嫌いなテレビ番組とは?時間の無駄だ!

 

自分軸で動くと本当の自分が見える

テレビや雑誌を見るなということではありません。それは自由ですから。

でもひとつ言えることは、テレビを消し、自分の頭で考える時間を増やすと、何が自分にとって大切なのか、自分は何がしたいのか、自分にとっての幸せとは何なのか、本当に好きなものは何なのかということがわかってきます。

他人の基準ではなく、自分の基準で物事を考えられるようになります。

だから、私は今幸せなのです。

ドラマの話の輪には入れません。流行のお店にもわざわざ行きません。

なので、もちろん、集団の中で会話に入れず、ぼっちの時間も出てくるようになりました。

ですが、本当に行きたい場所に行き、本当にやりたいことをやり、言いたいことは言い、知りたいことを勉強している今の自分には、ぼっちが孤独だという感覚はなくなりました。

「暇つぶし」などという時間もありません。やりたいことがありすぎて。知りたいことが多すぎて。

とにかく、他人軸で動いていたものが、自分軸になったということです。

全部本当の自分の心の声に従うようになると、納得できる感覚になります。

不安とか嫉妬とかなくなります。

今は、自分だけじゃなくみんなが幸せだったらいいのにと思うようになりました。

関連記事:【運が良くなる方法】←ネットで検索したけど運が良くならなかった人 限定記事

最近、何をしている時も楽しくて、幸せで、よくニヤニヤしていると言われます。こわいかもしれないけど、楽しさが顔に出ちゃうんです。

そんな毎日、とっても素敵だと思いませんか。

ここで出会ったあなたにも、是非毎日を自分軸で過ごしてもらいたいです。自分の幸せのために、本当に大切なものを思い出してもらいたいんです。

そろそろ本当の幸せを感じてもいいのではないでしょうか。

先日、満月の日に虹を見ました!月の周りに丸い虹ができていました。夜に虹なんて幻想的でした。先週も虹を見たし、夢の中にも虹が出たし、子供が描いて貼った絵にも虹が。

最近「虹づくし」です^^

何で虹づくしなんだろう?と考えてみましたが、おそらく虹っていろんな色があるから、人も色んな人がいていいんだよっていう意味なのかと勝手に解釈しました。

誰かが決めたものに合わせるのではなく、個性があっていいんだよってことなのではないかと。

要するに自分の中の好きを大切にしてねってことなんだと思いました。

他に意味があるなら是非教えていただきたいところです!

今日も読んでいただいてありがとうございました^^

ばいちゃ!

自分に正直なイケメン仙人のお話は読みましたか?

大好評!イケメン仙人シリーズはこちら

幸せに生きたい人にオススメ!

死ぬほど夫婦の性格が合わないのにラブラブでいられる理由とは

嫌いな人が目の前からいなくなる方法!嫌いなものは嫌いでいい!

成功脳と失敗脳はココが違う!成功脳の共通点とは?

【実話】ホームレスのおじさんが教えてくれた〝肩書きで人は決まらない〟

【自分を大切に】女子会でメニューを皆と合わせてしまう人は1回読んどいて