【お金の使い方】 主人が言った衝撃の一言とは?

お金の使い方について

 

夫婦で、お金の話ってしますか??

お金のことで喧嘩になったことありますか?

ウチは『お金の使い方』について話し合うので、ケンカにはなりません。

 

お金は大切です。生きていくためにはお金が必要です。だから、大切なのものを夫婦で話し合うことはいいことだと思います。

どんな風にお金を使うかによって、幸せの感じ方も変わってくると思います。

 

私は主人の一言で大きく響いた言葉があります。

 

一番響いた言葉とは?

主人がこんなことを言いました。

 

『お金は天国まで持っていけないからね』

 

そのとおり。この一言が今でも私に響いています。
スッゲーこの人!と思った瞬間。

 

どれだけ多くのお金を残しても、天国までは持っていけないんですよね。これ、どういう意味かわかりますか?

 

だからムダ使いしてもいいってことじゃなくて、今の生活を我慢してまで、お金をためることに必死になっても、死んでしまったら、必死でためたお金も天国まで持っていくことはできない。ということです。

 

一番大切なのは『いま』ということ。

 

今が大事。だから今、経験に対して使うお金や、大切なまわりの人達に使うお金はとても大切で、そういうものに、お金を使っています。

逆にいうと、必要なものではなく、すでにあるのに『もっとコレがほしい』という、『ただの欲』のモノにはお金を使わないです。

 

家族で行く旅行や、家族で遊ぶために必要な道具はもちろんのこと、家に遊びに来てくれる人に対して、お金を惜しむことをしません。(特に主人は)

 

必ず、来てくれた人に『おなかいっぱいになるまで食べてって!』と連呼します。
20代前半の男子は、まぁよく食べるので、私は寮のおばちゃんにでもなった気分^^
『うめー!』と言って食べてくれるので、おばちゃんはありがたいことです。
よく食べるみんなを尻目に、少食のだんなさま(笑)
いつも満足そう^^

貴重な時間を使ってウチに来てくれて、すごくありがたいし、楽しい時間を過ごせるし、そういう経験にお金を使うということはとても大切だと感じます。

 

私はかつて、お金があれば幸せだと思っていた時期がありました。そのときのお話はコレ→ お金さえあれば幸せか? 実際試してみた

 

まとめ

モノからは幸せを感じることはできません。

『大切な人達と、いま、経験としてお金を使う』

ことが、私たち夫婦のお金の使い方です。

物欲で買うだけのモノは、必要ない。

 

・・・もし、お金に困ったら?? 答えは簡単。

『また稼げばいい』だけです。

 

私の主人は稼げる人です。そして、私も稼げる人です。だから、もしお金に困ったらそうすればいいし、お金に困っても幸せでいられる方法を知っていれば、何も不安はありません。

将来のためだけに、今の生活に我慢を重ねるのはやめよう。

大切なのは今です!今日を大切に!

 

 

 

〈スポンサーリンク〉