『子育て中はメイクできない』だと?そんなワケナイ!

 子育て中はメイクできない?

 

 

よく、子供が小さいとメイクする時間がないという話を聞きますが、本当にそうなのでしょうか?

私は2人の子供が小さい時も、メイクしてました!

だから、メイクする時間がない!っていうのは言い訳でしかないと思ってます。

 なぜメイクしなくなるのか?

独身時代は、毎日お化粧するのが当たり前だったでしょう。しかし、子供が生まれると、自分にかまってられない。オムツ替えたり、授乳したり、抱っこしたり・・・
掃除も洗濯も食事も・・

今までは自分の事にだけ時間を使っていたけど、子供に使う時間がほとんどで、自分のことは後回し

一日中、家にいることもめずらしくないし、人に会うのは宅配の人ぐらいで。外に出ても、公園かスーパーに買い物行くぐらいだし。

そんな感じでどんどんスッピン率が高くなっていく。メイクしなくなるんです。

 子育て中のメイク方法はコレだ!

子育て中のママがメイクできないと思いこんでいる理由。それは、独身時代のようにメイクをしようとしているからだと思います。

周りには『お化粧したいから30分くらい子供預かってて』と親に頼んでいた人もいましたが、私には近くに預ける人はいませんでした。

だからひとりでもメイクする方法を考えたんです。それは、

『一気にメイクを完成させないこと!』

とりあえず、
ファンデーション塗る→子供の世話をする→眉毛だけ描く→洗濯する。
といった感じで、繰り返していってお化粧を完成させていました。完成までに2時間くらいかかったこともあります!

メイク道具に興味を持ち始めて、さわろうとする時期、何でも口に入れる時期には、立ったまま、子供の手の届かないところでメイクしていました。

はっきりいって、独身時代のようには出来ないですよ!だから、少しずつやっていくんです。

 メイクするメリットとは

子供を産んで忙しいからって、スッピン生活していると一気にふけると思ったし、旦那さんに、いつまでもキレイだと思ってもらいたいという思いから、2時間かけてでも、毎日メイクをしたいと思いました。

メイクをしていると、自分自身も女でいるという自覚ができます。
ウチの子供のお友達が、ウチの子に、『ママいつもきれいにしてていいね!ウチのママと交換して~』って言ったらしく、ウチの子はうれしそうでした^^

 

どうせ旦那さんはスッピンを知ってるから、と化粧してもしなくても同じだと思ったら大間違いですよ!大切な人には、いつまでも女なんだと思ってもらいましょ!

 


石鹸で落ちるファンデ